給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

新たなメンタルヘルス対応

社内

最近の会社員のメンタル不調者が増加していることに伴い、事業主は一定希望以上の事業場ごとに対してストレスチェックが義務付けられることになりました。とはいえ自社では実施の方法が分からないというケースもある為、そのような場合は外部のストレスチェック委託業者に依頼するのがベターです。

この記事を読む

特許には公開がつきもの

パソコン

何らかの発明や開発をして特許申請する上で注意しなければならないのは、一年半後に迎える公開出願です。これは特許されている研究の後発を防止する為に研究内容を公開するものです。すでに商品化されているなどの場合には、意味をなしませんが、次のステップなどをもくろんでいる場合には、注意が必要なのです。

この記事を読む

入金データの照合を効率化

オフィス

経理担当者が帳簿上で売掛金と入金データとを照合する消し込み作業は、月に何百件という単位になると膨大な手間が生じます。経理担当者の負担を軽減して照合ミスをなくすには、照合作業を自動化するソフトやサービスが便利です。最近ではクラウドで利用できる照合サービスも増えており、請求書作成まで可能となっています。

この記事を読む

様々なメリットを生み出す

電卓を持つ男性

国際的な流れ

自社内ですべての業務を行う事が一般的でしたが、コスト削減や業務効率化を求めるにあたってアウトソーシングするケースが増加しています。給与計算についても例外ではありません。給与計算は毎月の給与計算や年末調整や社会保険の加入手続きなどルーチン化している業務があります。自社内で完結する事もできますが、人件費などのコストがかかる懸念があります。そこで代行制度を利用し、アウトソーシングすることで業務効率化を図ることを利用する会社が増加しています。複雑な給与計算業務を代行する専門の会社には、ノウハウや経験があります。そのため雇用の複雑化などに的確に対応することができるのです。国際的な流れでも代行を利用する会社が増加しているのです。

コストダウン

代行制度を利用することでのメリットは多数あります。ひとつはコストダウンです。もちろんコストダウンしなければアウトソーシングする意味がありません。人事管理システムを導入すると多額な開発コストやランニングコストが発生します。アウトソーシングすることで自社のシステム費用が削減することができます。給与計算においては様々な法令が関与します。労務法規や社会保険制度は毎年のように改訂されます。システムを導入している場合、これらの改修作業が必要になります。アウトソーシングすることでこのプロセスも含めて外部委託する事が可能になります。人事の仕事は適材適所への人材配置を行う事です。しかし給与計算に追われて本来の仕事が疎かになることを防止できるメリットもあります。アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す事が出来るでしょう。