新たなメンタルヘルス対応|給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

新たなメンタルヘルス対応

社内

法改正で義務となった事項

ここ最近、労働者が精神疾患にり患するケースが相次いでおり、精神障害の労働災害認定件数も増加の一途をたどっています。そのような背景を受け、労働安全衛生法の改正により、各企業には常時50名以上の労働者を使用する事業場ごとにストレスチェックと呼ばれる制度の実施が義務付けられました。ストレスチェックとは労働者に1年毎に1回、従業員にストレスについての検査を行うものであり、検査結果を分析して職場環境の改善につなげたり、ストレスの高かった労働者が希望した場合には医師による面接指導を行うことで労働者のメンタル不調を未然に防ごうというものです。このように一定規模の会社には実施が義務付けられているものの、未だに実施できいない会社も少なからずあります。

実施の為の良い方法

ストレスチェックを実施しようと思えば、専門の人員を確保しなければなりませんし、仮に質問紙等で検査を行ったとしても、それをどのように集計分析したらよいか、また、結果を元にしてどのように医師と連携を図っていけばよいのか、分からないことだらけです。会社のそのような悩みに対して、最近はストレスチェックの代行を行う会社が増えてきました。このような会社では、質問紙を用いた検査から始まり、検査実施後のデータ分析、検査の結果、高ストレス者で面接指導希望する者への医師の手配及び面接指導後のアフターフォローまで、ストレスチェックに関する一切の事項を一手に引き受けており、会社からの信頼を得ております。従業員のメンタルヘルスケアを行う為にも、ストレスチェックを義務だからと形式的に行うのではなく、専門の委託業者に手配するなどして少しでも効果をあげることが事ができるように持っていくのがベターです。