入金データの照合を効率化|給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

入金データの照合を効率化

オフィス

照合作業に大きな負担

大半の企業では取引で生じた代金は現金払いでなく、銀行口座を通じて振り込まれ入金されているものです。入金されるまでは帳簿上で売掛金として仮の売上が記載され、入金されてから正式な売上金として記録されることになります。この売掛金と銀行口座への入金額は1円でも違うことが許されず、完全に一致しなければなりません。そのための照合作業は消し込みとも呼ばれており、経理担当者を悩ませる煩雑な作業となっているのです。従来の消し込み作業は表計算ソフトを使って行うのが普通でしたが、月に何百件という単位になると膨大な手間を要します。取引先の入金ミスによる金額の不一致例も珍しくないため、その都度相手側に問い合わせる必要も出てくるのです。人力だけに頼る方法で経理担当者の負担が大きくなると、どうしても照合ミスが発生しやすくなってしまいます。場合によっては企業の信頼性を損ないかねない照合ミスを避けるためには、何らかの手段でこうした消し込み作業を効率化させることが欠かせません。現在はあらゆる業務がIT技術によって効率化されるようになったのですから、経理上の消し込み作業もまた同様にして効率化できないことはないのです。

照合作業の自動化が可能に

銀行の側でも入出金管理を効率化するサービスを提供していますが、さらにその上を行く照合作業自動化ソフトまたはサービスというものが存在します。消し込み作業専門の自動化サービスは高い照合率を誇り、銀行の入金管理サービスと連携すればほぼ100%自動化できる場合もあります。人の目でチェックするのと比べてミスがなく、経理担当者の業務負担を大幅に軽減できる点でこうしたサービスの導入には大きなメリットが期待できるのです。特に最近ではクラウドを通じて提供される消し込みサービスも増えており、経費負担の軽い月額料金で利用できるようになりました。そうした消し込みサービスの中には売掛金と入金データの単なる照合作業だけでなく、請求書発行から催促までを自動的に実行できるサービスもあります。経理担当者の負担が軽減されれば人員コストも削減され、企業経営にとってもプラスとなるのは間違いありません。意外に大きな人的リソースを消費していた経理上の消し込み作業も、こうしたサービスを利用すれば効率化することが可能です。業務効率化と経営の合理化はどの企業にとっても大きな課題ですが、まずは経理部門から見直しをするのもいいでしょう。