特許には公開がつきもの|給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

給与計算も楽々!アウトソーシングに委託して忙しい日々から抜け出す

特許には公開がつきもの

パソコン

一年半後に公開される

特許申請において注意しなければならないのは特許出願から一年半後になされる公開出願です。これは特許内容に関しては一年半後にホームページで公開されるという事です。その理由は同じ出願を排除するためです。そのため特許を取得した研究内容やアイデアが公開されるのです。一定の独占する権利が特許申請の強みとなりますが、この公開出願制度で不利益を被ることもあるのです。特許の内容はその研究内容になります。研究内容をさらに深く突き詰めて新しい製品やアイデアを取得することもあるのです。研究は一度きりではなくその後も継続されるのです。そのため特許を公開されたのちにそののちの研究で利益を上げる企業もあるのです。そのため特許申請は慎重に行う必要があるのです。

公開出願の取り消し

特許を申請したのちに出願公開を取り下げる方法もあります。そのためには特許そのものも効力を失うことになります。すでに他社で同様の研究成果を上げている場合には、その販売を阻止する手段もなくなってしまうのです。そのため特許の取り消しも慎重に行う必要があります。研究成果は会社の利益に該当します。一度商品化などすれば、それがどのような研修成果を経ているのかは研究者であれば該当が付きます。その後に研究成果を公開されてもその段階ではすでに研究者では次のステップに移っていることが多いのです。そのため特許申請を行い公開出願を経ることが一番安全策とも言えます。しかし商品化などをせずに次のステップの研究を行う場合などは慎重に考えるべきなのです。